文大統領 核保有に反対=「朝鮮半島の平和を保障せず」

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、米CNNテレビのインタビューで、北朝鮮の脅威に対抗するため韓国で核武装論が高まっていることに関連し、「北の核の脅威に合わせて韓国が独自の核兵器を開発したり戦術核を再配備したりすることに賛成しない」と述べた。

 また、「韓国が独自の核兵器を保有することは朝鮮半島の平和を保障しない。北東アジアの核武装レースにもつながりかねない」との懸念を示した。

 ただ、「韓国は北の核開発に直面しており、軍事力を増強する必要がある」とした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース