文大統領 韓国の核開発・戦術核再配備に反対表明

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日、青瓦台(大統領府)で米CNNテレビのインタビューに応じ、高度化する北朝鮮の核・ミサイルの脅威に対抗するため韓国で核武装論が高まっていることに関連し、「北の核に核で対抗すれば南北間の平和が維持されるのは難しい」と述べ、「韓国の独自の核開発や戦術核の再配備には同意しない」との立場を示した。また「(韓国の核保有は)北東アジア全体の核競争を触発し、北東アジアの平和と安定を阻害する」と強調した。

 文大統領が就任後、核開発や米戦術核の再配備について公に反対の立場を表明するのは初めて。

 北朝鮮の挑発については「誤った選択を繰り返しており非常に残念」として、「北自身や南北関係、世界平和をも脅かす非常に無謀な選択だ」と批判した。

 北朝鮮の核開発の意図については「体制の安全を保障されるため」と述べ、「核保有国としての地位を認められ、米国との関係正常化を図ろうとしているのかもしれない」との考えを示した。

 また、「韓国は北の核を容認する考えは全くない」と強調する一方で、「北に対し敵対的な立場を持っていない」と述べ、北朝鮮核問題を平和的に解決すべきとの姿勢を改めて強調した。さらに「われわれは北の政権交代を望んでいない。吸収統一・人為的統一構想もない」とも述べた。

 その上で、「ただ、外交的解決に向けた対話の条件を整えるには、北が核とミサイルによる挑発をやめ、少なくとも核を凍結する必要がある」と述べた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース