【萬物相】子どもを学校に通わせるために土下座する親たち

【萬物相】子どもを学校に通わせるために土下座する親たち

 15年前、新聞の社会面にある小学校のクラス委員選挙がトップ記事として掲載されたことがある。京畿道のある小学校5年生のクラスで起こった出来事だ。脳性まひの児童が「クラス委員になりたい」と言って手を上げた。自分の意志も十分に伝えられない児童だった。10人ほど立候補した中で、この児童が大差をつけて1位になった。担任はとまどったが、クラスメートたちが応援した。その学期の終業式の日、クラスメートたちは「お前はおれたちのかっこいいリーダーだ」と拍手してくれたそうだ。

 ソウル市江南区のある地区では名門高校と特別支援学校が隣接している。当初、この地区に特別支援学校を建設する計画が持ち上がると、周辺住民たちは反対運動に乗り出した。教育庁(教育委員会)には抗議が相次ぎ、訴訟も起こった。影響で計画よりも数年遅れたが、なんとか開校にこぎ着けた。2000年の秋に二つの学校は合同の運動会を開催した。障害のある子とない子がチームをつくり、運動会は大いに盛り上がった。大人たちの偏見や自己中心的な思いを子供たちは乗り越えていったのだ。

 今年5月には英国バーミンガムのある小学校での出来事がBBCニュースで紹介された。生まれた直後に左脚を失った7歳の少女が、英国国民保健サービス(NHS)の寄付で新しい義足を装着して登校したのだ。黄色いワンピースを着たこの少女が登校すると、児童たちが集まり始めた。児童たちは「これが新しい脚か」「すごい」といっては抱き付いて励ました。手をつないで一緒に歩く練習をする児童もいた。子供は教えなくとも良いことが分かり、自分からそれができるようだ。

アン・ソクペ論説委員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【萬物相】子どもを学校に通わせるために土下座する親たち

right

関連ニュース