【コラム】批判なき文在寅ブーム

【コラム】批判なき文在寅ブーム

 公正取引委員会の金尚祖(キム・サンジョ)委員長が企業経営者を見下す発言について謝罪した。ネイバーの創業者をスティーブ・ジョブズ氏にはかなわないとけなしたことでひどい目に遭った。それに隠れてもう一つの舌禍があった。金委員長はある講演で文在寅(ムン・ジェイン)大統領をジョブズ氏に例え、大統領が「第2のスティーブ・ジョブズへと進化している」と述べた。文大統領は長所が多いが、いくら考えても革新家のイメージが湧かない。何が「第2のスティーブ・ジョブズ」なのか。大統領が喜ぶとでも思ったのだろうか。

 疾病管理本部のホームページにはこんな驚くべき記事も載った。「私たちが知らなかった文大統領の秘密」と題する記事は、文大統領の臓器提供同意に関する内容だった。記事は3年前に文大統領が「密かに」申請書を提出したとし、「生命尊重の価値を自ら実践した大統領」だと持ち上げた。3年前に明らかにされなかったことを今になってなぜ公表したのか。いくら物事に適当な公務員でもこんなことまでするとは。

 ポータルサイトでは先月、「ありがとう文在寅」が検索ワードの1位になった。文大統領の支持者が企画した就任100日目のプレゼントだった。支持者が組織的に同じ単語を検索したのだった。まるでアイドルのファンと同じやり方だ。文大統領も自撮り写真でそれに応えた。大統領府(青瓦台)での飼い猫との生活についても明かした。芸能人のブログと錯覚する内容だ。

 文大統領の人気はトップアイドルを彷彿(ほうふつ)とさせる。芸能界の熱狂的ファンとよく似ている。支持者は大統領を「私たちのイニ」(イニは大統領の名前の愛称)と呼ぶ。大統領の登山服、履き古した靴に甲論乙駁(おつばく)状態だ。文在寅グッズも人気を集めている。人気作曲家がつくったという大統領にささげる曲まで登場した。

朴正薫(パク・チョンフン)論説委員
前のページ 1 | 2 | 3 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【コラム】批判なき文在寅ブーム

right

関連ニュース