韓米が18日にソウルで戦略対話 北朝鮮核など協議

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は11日、韓米次官級戦略対話が18日にソウルで開催されると発表した。同戦略対話が開かれるのは2014年6月以来、3年4カ月ぶり。

 韓国から林聖男(イム・ソンナム)外交部第1次官、米国からサリバン国務副長官が出席する。

 外交部は、今回の戦略対話を通じ11月に予定されているトランプ米大統領の訪韓準備とともに、北朝鮮問題、北朝鮮核問題、韓米関係など懸案事項に関する政策調整や連携がさらに強化されると期待を示した。

 一方、同じ日に開かれる韓米日外務次官協議には林氏、サリバン氏、日本の杉山晋輔外務事務次官が出席する。

 北朝鮮の核・ミサイル開発に関連する現状、朝鮮半島情勢の安定的管理、北朝鮮核・ミサイル問題の平和的解決に向けた3カ国間の連携、地域・国際協力などについて幅広く意見交換する。

 また、林氏と杉山氏による韓日外務次官会談も予定されている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース