康外相、「戦術核と戦略核の違いは?」の質問にしどろもどろ

康外相、「戦術核と戦略核の違いは?」の質問にしどろもどろ

 韓国外交部(省に相当)の康京和(カン・ギョンファ)長官は12日、国会の国政監査で「北朝鮮が(平昌冬季)パラリンピックに参加したいと、パラリンピック委員会に申請書を出したことが分かっている」と語った。しかし北朝鮮は今年5月、非公式に参加の意向を打診しただけで、実際には参加の準備も登録も行わなかった。事実と異なるという指摘が出たことを受け、康長官は後に「まだ参加登録はなされていなかった」と答弁を修正した。

 また康長官は、保守系野党「自由韓国党」に所属する尹永碩(ユン・ヨンソク)議員からの「『生存背のう』(非常持ち出し袋)を知っているか」という質問にも即答できず、「もう1回言ってほしい」と言った。尹議員は「『生存背のう』ですよ」と繰り返したが、康長官はまたも「もう1回言ってほしい」と言った。結局、尹議員が自ら「国民が自己防衛策として購入している。ガスマスク、非常食、飲料水、こういったものが入っている」と説明した。

 続いて尹議員は「10日に米国のトランプ大統領が、ヘンリー・キッシンジャー元国務長官と会った。会合の内容を把握したか」と尋ねた。康長官は「記事を読んだ。おそらく、細かい内容は公館で把握するだろう」と答弁した。尹議員が「もう報告を受けたはずですよね」と言うと、康長官は「まだ報告は入っていない」と答弁した。さらに、「トランプ大統領の側近のスティーブン・バノン氏と、習近平中国国家主席の側近の王岐山氏が北京で会ったことは把握したか」という質問にも「まだ報告を受けていない」と答えた。これに尹議員が「外相の役割を全く分かっていない」と言うと、康長官は大声で「よく分かっている。把握したら報告をする。まだ報告が入っていない」と言い返した。

金真明(キム・ジンミョン)記者
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 康外相、「戦術核と戦略核の違いは?」の質問にしどろもどろ

right

関連ニュース