【萬物相】消えゆくおもちゃ

【萬物相】消えゆくおもちゃ

 1983年のクリスマスに米国各地のおもちゃ売り場で「キャベツ畑人形騒動」と呼ばれる騒ぎが起こった。「キャベツ畑人形」とはその1年前に販売が始まり、250万セットを販売する空前の大ヒットを記録したおもちゃの人形だが、子供のためにそれを買おうとする親たちでおもちゃ売り場が大混雑となり、中には暴力事件が起こるケースもあった。当時キャベツ畑人形の売り上げは年間6000億ウォン(約600億円)を上回ったという。文字通り「飛ぶように売れた」のだ。

 古代エジプトやローマの遺跡などからも人形や木馬、ままごとの道具など当時のおもちゃが発見されている。最初のおもちゃとされるのは新石器時代の地層から発見された泥で作った玉だ。子供たちにとっておもちゃはとても大切な財産であり、大人になっても幼いころの記憶をとどめる宝箱のようなものだろう。

 ところで最近のおもちゃは子供たちだけのものではない。キッド(子供)とアダルト(大人)をくっつけた「キダルト」という言葉、あるいはレゴと財テクをくっつけた「レテク」などの新しい言葉も登場している。世界トップの玩具メーカーであるデンマークのレゴはその一部商品が今や投資の対象だ。2007年に米国で499ドル(現在のレートで約5万6000円)で売られていた「スター・ウォーズ・ミレニアム・ファルコン」は09年で販売が終了したが、その後価格が高騰し、今では5000ドル(約56万円)以上で取引されている。今年英国のある新聞が報じたところによると、この商品は2000-15年の投資商品の中で最も高い12%の収益率を記録し、9.6%の金を上回ったという。

李陳錫(イ・ジンソク)論説委員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 【萬物相】消えゆくおもちゃ

right

関連ニュース