文大統領支持率73%=2週間前より8ポイント上昇

 韓国ギャラップによる調査の結果、文在寅(ムン・ジェイン)大統領の支持率は73%を記録し、秋夕(チュソク=中秋節。今年は10月4日)の連休前と比べると、2週間で8ポイント上昇した。

 韓国ギャラップは13日、「10月に入って北朝鮮による追加挑発がないなど、安全保障上の不安感が緩和されたことが理由と見られる」とコメントした。文大統領を支持する理由としては「コミュニケーション」(20%)、「積弊清算」(14%)などが挙げられた。逆に、支持しない理由は「北朝鮮の核・安全保障」(26%)、「過去史突出・報復政治」(18%)の順で多かった。2週間前に行われた同じ調査では、不支持の理由に「北朝鮮の核・安全保障」を挙げる回答者が32%いたが、それに比べると6ポイント低かった。今回の調査は10月10日から12日にかけて韓国国内の成人1005人を対象に行われ、標本誤差は95%の信頼水準でプラス・マイナス3.1ポイント。

パク・スチャン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース