「帝国の慰安婦」著者が控訴審で有罪 罰金約100万円=韓国

【ソウル聯合ニュース】旧日本軍の慰安婦問題を扱った著書「帝国の慰安婦」で慰安婦被害者の名誉を傷つけたとして在宅起訴された朴裕河(パク・ユハ)世宗大教授(日本語日本文学科)の控訴審判決で、ソウル高裁は27日、一審無罪判決を破棄し、罰金1000万ウォン(約100万円)の有罪判決を言い渡した。

 一審は「被告が著書で示した見解はあくまでも価値判断の問題であり、裁判所が遂行できる権限や能力からは外れる」として無罪を言い渡したが、高裁は慰安婦被害者の名誉毀損を認定した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース