ネイバーの同時通訳イヤホン 米家電見本市で受賞へ

【ソウル聯合ニュース】韓国インターネットサービス大手、NAVER(ネイバー)は10日、同時通訳機能を備えた無線イヤホン「MARS(マース)」が、来年1月に米ラスベガスで開かれる世界最大の家電見本市「CES」のヘッドホン部門で最優秀イノベーション・アワードの受賞製品に選ばれたと伝えた。

 MARSはネイバーの人工知能(AI)プラットフォーム「Clova(クローバ)」と連動する、近距離無線通信「ブルートゥース」を利用した無線イヤホンだ。

 ClovaはAIによる通訳・翻訳サービス「papago」を活用した同時通訳機能を備えており、1組のイヤホンを2人が分け合って装着するとリアルタイムで通訳される。

 韓国語、英語、中国語(簡体字、繁体字)、日本語、スペイン語、フランス語、ベトナム語、タイ語、インドネシア語の10言語に対応し、ノイズキャンセリング機能や音声認識機能も備えた。

 MARSは、来年上半期中に韓国で先行発売される予定だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース