対日関係 「対中と似た方法で修復と期待」=韓国首相

【ソウル聯合ニュース】韓国の李洛淵(イ・ナクヨン)首相は10日、ソウルで行われた「繊維の日」の記念式典であいさつし、「恐らく年内になると思うが、日本との関係も中国と似た方法で修復されることを期待している」と述べた。

 また、「貿易に携わっている方々に国ができる最も基本的なことは、外国との関係を良くすること」と強調した。

 米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)」の韓国配備を巡り対立していた韓国と中国は外交当局間の協議を続け、10月31日、交流協力の強化が双方の利益になることで一致し、あらゆる分野での交流協力を早急に正常化することで合意したと発表した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース