平昌五輪:外国人お手上げ…劣悪すぎる公式宿泊予約サイト

公式サイトの外国人向け宿泊予約ページ、検索しても「結果なし」
旅行アプリでは電話するよう誘導

 平昌冬季五輪の開幕まで約2か月と迫ったが、開催地域(平昌、江陵、旌善)での外国人観光客の宿泊先確保は依然として非常に困難な状況だ。

 13日、平昌五輪公式サイトの英語版ページにアクセスし、宿泊施設の予約を試みた。最初の画面で「accommodation(宿泊)」をクリックし、再び「accommodation」をクリックすると、宿泊関連情報が現れる。「競技場から1時間の都市の中で、さまざまな客室が選択可能」「開催都市の周辺地域に宿泊すれば、開催都市ではできない独特の文化体験を楽しめる」などと記されている。下の方にスクロールして再び「accommodation」をクリックすると、韓国観光公社の英語サイトにたどり着く。そしてまたしても「accommodation」メニューを選択し、ようやく韓国の地図が表示される。宿泊予約をするのに「accommodation」を4回も押さなければならないのだ。外国人観光客はここで江原道と開催都市名をクリックして宿泊業者のリストを見なければならない。ようやく見つけても、ほとんどの業者の予約情報は「結果なし(no results found)」と表示される。部屋はあっても予約を受け付けていないのか、全ての部屋が予約で埋まっているのかも分からなければ、キャンセル待ちが可能なのかも分からない。日本語・中国語のサイトも同じ状態だ。

 五輪の公式サイトで「Tourism in Gangwon Province(江原道旅行)」のページを開いても、予約が困難なのは同じだ。江原道内の宿泊業者が地域別ではなく順不同で出てくるが、これをクリックしても情報が出てくるだけで、予約ボタンはない。五輪の公式サイトで紹介されている「ツアー江原」というスマートフォン用の旅行アプリで予約を試みても、最終的に電話で予約するよう促される。

 「エア・ビー・アンド・ビー(Airbnb)」や各種ホテル予約サイトでも、ほとんどの宿泊施設は予約が埋まっている状態だ。こうしたサイトは予約がしやすい上に登録されている宿泊施設が少ないため、早々に予約が埋まったとみられる。

イ・テドン記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • ▲公式サイトの外国人向け宿泊予約ページ

right

関連ニュース