アジアプロ野球CS出場の韓国代表  東京へ出発=16日に日本戦

【ソウル聯合ニュース】野球韓国代表は14日、国際大会「アジアプロ野球チャンピオンシップ2017(APBC)」(16~19日、東京ドーム)に出場するため、金浦空港から日本に向かった。

 同大会は韓国、日本、台湾のプロ野球選抜チームによる対抗戦で、代表メンバーは24歳以下、またはプロ入団3年以内と定められている。

 韓国代表の宣銅烈(ソン・ドンヨル)監督は出発前、「ほとんど眠れなかった」として、「私もそうだし、(大多数の)選手にとっても初めての大会だ。短い時間だったが、(大会に向け)意欲的に訓練した」と語った。

 APBCは宣氏にとって監督就任後初めての国際大会となる。宣氏は2020年の東京五輪まで韓国代表の指揮を執る。

 韓国代表は15日に東京ドームで公式練習を行い、16日午後7時、開幕戦で日本と対戦する。大会は3チームが総当たり戦を行い、上位2チームが19日の決勝に進む。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース