韓国亡命の北朝鮮兵 2回目の手術終了=依然意識は戻らず

【ソウル聯合ニュース】南北軍事境界線上にある板門店の共同警備区域(JSA)で韓国側へ亡命する際、北朝鮮軍から銃撃されてけがを負った北朝鮮軍兵士が15日、ソウル近郊の亜州大病院で2回目の手術を受けた。

 手術は同日午前9時半に始まり、午後1時ごろ終わった。執刀医が会見を開いて兵士の容態などについて説明する予定だ。

 兵士はひじや肩、腹部などに5~6カ所の銃創がある。軍事境界線を越えてきた13日午後に同病院に緊急搬送され、約5時間にわたる手術を受けた。

 だが、臓器の損傷がひどく、生命維持装置を付けていた。2回目の手術で腹部は縫合したが、依然として意識が戻っていないという。

 同病院関係者は2回目の手術について、「損傷した組織の切除が行われた」として、「緊急手術ではなかった。患者の容態が急変したものではない」と明らかにした。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース