囲碁の趙治勲名誉名人 韓国でMVP受賞

【ソウル聯合ニュース】韓国棋院主催「シニア囲碁リーグ」の閉幕式が30日、ソウル市内で開催され、日本棋院の趙治勲(チョ・チフン)名誉名人が最優秀棋士(MVP)を受賞した。

 趙氏は韓国・釜山出身で6歳の時に日本へ囲碁留学し、当時の最年少記録の11歳9カ月で入段。日本トップクラスの棋士として今も旺盛な活動を続けている。日本を活動の拠点にしているため、韓国で囲碁の賞を受賞するのは初めて。シニア囲碁リーグではチーム「KHエナジー」に所属しリーグ6勝1敗、チャンピオン決定戦1勝1敗でチームを優勝に導いた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース