ロシア選手が平昌五輪参加なら「積極支援」=韓国政府

【ソウル聯合ニュース】韓国の文化体育観光部は7日、ロシアのプーチン大統領が平昌冬季五輪に自国選手が個人資格で参加することを容認する考えを示したことを歓迎する声明を発表した。

 声明は「いかなるボイコットも宣言せず、ロシアの選手が望むなら個人資格での大会参加を阻むつもりはないという(プーチン大統領の)発言を尊重し、歓迎する」とした。

 また「ロシアの選手をはじめとする世界の冬季スポーツ選手の積極的な参加は平昌五輪を成功に導き、五輪精神の実現に寄与するだろう」とし、「韓国政府はロシアの選手が個人資格で五輪に参加するなら、国レベルの選手団に劣らぬ積極的な支援を行う」と表明した。

 国際オリンピック委員会(IOC)は先の理事会で、国ぐるみのドーピングがあったとして平昌冬季五輪へのロシア選手団の参加禁止を決めた。一方で、潔白を証明した選手は国旗や国歌を使用できない個人資格での参加を認めるとした。

 韓国政府は、自国開催の平昌五輪を冬季競技に強く大国の一つであるロシアがボイコットすれば大きな悪材料になりかねないと懸念していた。文化体育観光部はこの日午前、ロシア選手の個人資格での出場を促す声明を出した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース