韓国ビル火災で中断の平昌五輪聖火リレー 23日に再開

【ソウル聯合ニュース】平昌冬季五輪の大会組織委員会は22日、韓国中部の忠清北道堤川市のビルで21日に発生し29人の死者を出した火災を受け中断していた五輪の聖火リレーを、堤川に隣接する同道丹陽郡で23日に再開すると明らかにした。

 聖火リレーは22日に堤川市で行われる予定だったが中止された。23日はリレーの前に火災の犠牲者に黙とうをささげるという。組織委は「火災の衝撃を考慮し、丹陽ではできるだけ簡素に行う予定だ」と伝えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース