日本・東海大で韓国語教育シンポ 来年2月

【ソウル聯合ニュース】日本の東海大で来年2月17日、「韓国語教育の現状と課題」をテーマにシンポジウムが開かれる。文部科学省主催で、韓国語を学ぶ日本人学習者を対象にしたレベル別の韓国語表記指導法の開発に向けた学術行事だ。

 シンポジウムではソウル大の閔賢植(ミン・ヒョンシク)教授が「ハングル正書法の寛容性増進案」に関する基調講演を行う。続いて東海大の金ミン秀(キム・ミンス)講師、慶熙大の趙顕龍(チョ・ヒョンヨン)教授、東京外国語大の伊藤英人元准教授、東京大の生越直樹教授が発表・討論を行う。

 シンポジウムを企画した金講師は「日本の各大学で韓国語を教える教員や韓国語教育の関係者が最新の教授法の動向を伝え、発展案を議論する場だ」とし、「シンポジウムの後には参加者同士で情報交換する交流会も開かれる」と説明した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース