船で日本旅行の韓国人急増 訪韓日本人は減少続く

【釜山聯合ニュース】韓国・釜山港湾公社は2日、釜山港国際旅客ターミナルを発着する韓日旅客船を昨年利用した乗船者数は約141万700人で、2016年に比べて約20万6000人(17.2%)増加したと発表した。

 釜山からは福岡、大阪、山口・下関、長崎・対馬行きの国際旅客船が運航されている。乗船者数は14年の約99万9000人から15年には約112万9000人に増加。

16年に初めて120万人を超え、昨年は140万人を突破するなど増加を続けている。
 韓国人乗客が大幅に増えた一方、韓国を船で訪れる日本人は減少の一途をたどっている。

 14年は乗客全体のうち韓国人は81.1%だったが、16年には86.0%に上昇し、昨年11月末は90.2%に達した。日本人の比率は14年の18.9%から昨年には9.8%に下がった。

 韓国人乗客は特に対馬航路で大きく伸び、14年の約38万7000人から昨年は約72万9000人と3年間で90%近く増加した。

 同期間、福岡、大阪、下関など他の航路の乗客数は計約60万3000人から約67万4000人に増加した。

 釜山港湾公社は、対馬を訪問する韓国人観光客が急増しているのは航空路線がない上、船の運航距離が短く1~2時間で行けるため日帰り旅行が可能で、免税品も購入できるためだと分析した。

 日本人旅行客の減少は、格安航空会社(LCC)の日本就航が大幅に増えたことと、円安で韓国を訪れる日本人が全般的に減少した影響があるとみられる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース