正恩氏最側近の崔竜海氏 党の要職・組織指導部長務める=韓国統一部

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部が11日配布した北朝鮮の権力組織図の変更事項に関する最新資料によると、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の最側近で政権ナンバー2とされる崔竜海(チェ・リョンヘ)党副委員長が党の組織指導部長に就いている。組織指導部長は党幹部に対する人事政策の責任を負う要職で、これまで空席だった。

 崔氏は昨年10月に開催された党の第7期2回総会で特定組織の部長に任命されたが、北朝鮮メディアの報道などを通じて肩書は確認されていない。韓国情報機関・国家情報院のシンクタンク、国家安保戦略研究院は「崔氏の地位を考えると、組織指導部長以外にふさわしい役職は見当たらない」との見方を示していた。

 組織指導部長は、金日成(キム・イルソン)時代に弟の金英柱(キム・ヨンジュ)氏が務めた。1973年からは金正日(キム・ジョンイル)総書記が2011年に死去するまで同職にあった。正日氏の死後、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が兼任する可能性が指摘されたが、崔氏による常任体制になったようだ。

 また、統一部の資料によると、秘密警察トップである国家保衛相は、金元弘(キム・ウォンホン)氏からチョン・ギョンテク氏に交代した。金委員長の統治資金を管理する党39号室のトップは、全日春(チョン・イルチュン)氏からシン・リョンマン氏に代わった。

 対韓国窓口の独立機関だった祖国平和統一委員会は内閣所属となり、企画財政省は経済省に名称が変更された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース