少女時代のソヒョン「ぶっつけ本番」だった 北朝鮮芸術団の公演

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の芸術団のソウル公演に登場した韓国ガールズグループ・少女時代のソヒョンが、公演当日に連絡を受けてステージに上がったことが12日、ソヒョン側関係者への取材で分かった。

 この関係者は「事前に準備しておらず、突然連絡があって舞台に上がった」とし、リハーサルに関しても「急に決まったことで、そうした時間はなかった」と答えた。

 三池淵管弦楽団の団員からなる北朝鮮芸術団は平昌冬季五輪に合わせて韓国に派遣され、11日午後7時からソウルの国立劇場で公演した。そのフィナーレでソヒョンは北朝鮮の歌手と一緒に「また会いましょう」(原題)と、統一の願いを込めた「われわれの願い」(同)を歌った。観客は立ち上がって拍手を送った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース