統一地方選の予備候補登録始まる 6月13日投開票=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国で文在寅(ムン・ジェイン)政権発足後初めてとなる統一地方選挙(6月13日投開票)と国会議員の補欠選挙の予備候補者登録が13日に始まった。地方選と国会議員の補欠選が同時に実施されるのは初めて。17広域自治体(主要市・道)で首長選などが行われるほか、補欠選はソウルの2選挙区など計6選挙区で実施される。補欠選は10選挙区以上まで増える可能性がある。

 今回の選挙は文政権が発足してから約1年で実施されるため、政権の信任が問われる形となる。選挙結果は政界に大きな影響を与えそうだ。

 現在、17広域自治体の首長は与党「共に民主党」がソウルなど7カ所、最大野党「自由韓国党」が5カ所、「正しい未来党」が2カ所を占める。3自治体の首長は空席となっている。

 共に民主党が勝利する場合、与党は国政掌握力を強め、改革政策の推進を加速することが可能になる。自由韓国党が予想以上の支持を集める場合、保守勢力の再結集や文政権へのけん制強化につなげられる。

 地方選で共に民主党は17カ所のうち、半数を超える9カ所以上で勝利を目指している。文大統領の支持率が依然として60%を超えており、10カ所以上の勝利も期待している。自由韓国党は6カ所以上を制することを目標としている。

 予備候補者は公式選挙運動が始まる5月31日まで、選挙事務所の設置や名刺配布、広報物発送など一部の選挙運動ができる。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース