韓国統一部 金総書記の誕生日行事「例年水準」

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は14日の定例会見で、故金正日(キム・ジョンイル)総書記の誕生日(16日)を巡る北朝鮮の動向について、「例年水準で行事が行われている」と述べた。

 白報道官によると、北朝鮮は通常、前日に中央報告大会などを行い、当日には金総書記と金日成(キム・イルソン)主席の遺体が安置されている平壌の錦繍山太陽宮殿への参拝や祝賀公演などを行う。

 一方、今回の行事と関連し、平昌冬季五輪開幕に合わせて来韓した北朝鮮の高官代表団から特別な要求はなかったという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース