韓国・ノルウェー首脳会談 協力拡大などを協議

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、青瓦台(大統領府)でノルウェーのソルベルグ首相と会談し、両国の実質的な協力拡大について意見交換した。

 平昌冬季五輪に合わせ来韓したソルベルグ首相に対し文大統領は冬季五輪の最多総合1位がノルウェーであることなどに触れ、平昌大会でも善戦していることを祝った。

 また「1959年の国交樹立以来、59年間両国が緊密な友好協力関係を発展させてきた」とし、「きょうの会談が両国間の実質的な協力を増進させ、今後の発展方向を幅広く議論する有益な機会になることを期待する」と伝えた。

 ソルベルグ首相は両国が協力する余地は無限に残っているとし、「経済発展と貿易部門で(両国の協力が)増大すると信じる」と応じた。

 また「国交樹立60周年を向かえる来年にノルウェーを訪問して下されば本当にうれしい」とし、「文大統領の訪問を機に両国関係が一層発展すると信じる」と伝えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース