「化学兵器でシリアに協力」報道はでっち上げ 北朝鮮が反発

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮外務省米国研究所の広報室長は1日、北朝鮮がシリアの化学兵器製造に協力していたとする米メディアの報道を「でっち上げ」と非難し、「わが共和国は化学兵器を開発、生産、備蓄したことはなく、化学兵器そのものに反対している」と強調した。朝鮮中央通信記者とのやりとりを朝鮮中央テレビが報じた。

 ニューヨーク・タイムズなど複数の米メディアは先月27日(現地時間)、国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の専門家パネルが作成した報告書を基に、北朝鮮がシリアに対し、化学兵器の製造に使用できる物資などを輸出していたと報じた。

 広報室長は、米メディアの報道は「わが国を化学兵器の保有・拡散国と罵倒し、制裁・圧力ムードを高め全面的な海上封鎖を行うためのもの」などと主張した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース