北朝鮮選手団選手村入り 「人民のあいさつ伝える」=平昌パラ

【平昌聯合ニュース】9日に開幕する平昌冬季パラリンピックに参加する北朝鮮の障害者オリンピック委員会の代表団4人と選手団20人が7日、陸路で韓国を訪れ、午後に平昌の選手村に入村した。

 代表団の団長を務める朝鮮障害者保護連盟中央委員会の金文鉄(キム・ムンチョル)委員長は韓国訪問の感想を求められると、「愛する南(韓国)の障害者と同胞の皆さん、こんにちは。われわれ北の障害者、人民たちの熱い同胞愛に満ちたあいさつをお伝えします」と述べた。言葉は短かったが、最近の南北融和ムードを反映してか表情は明るかった。

 北朝鮮の冬季パラリンピック参加は今大会が初めて。マ・ユチョル、キム・ジョンヒョンの2選手がノルディックスキー距離に出場する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース