文大統領 平昌パラ競技を初観戦=南北選手が出場

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は14日午前、平昌パラリンピックが開催されている北東部、江原道・平昌のアルペンシアバイアスロンセンターで競技を観戦した。青瓦台(大統領府)が伝えた。

 文大統領が平昌パラリンピックの競技を現場で観戦するのは初めて。

 夫人や平昌冬季五輪・パラリンピック組織委員会の李熙範(イ・ヒボム)委員長、都鍾煥(ト・ジョンファン)文化体育観光部長官、出場選手の家族らと共に選手を応援した。

 この日は韓国からシン・ウィヒョン、イ・ジョンミンなど6人の選手が出場。北朝鮮からも国際パラリンピック委員会(IPC)の特別枠で出場のマ・ユチョル、キム・ジョンヒョンが競技に臨んだ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース