金正恩氏の動静報道途絶える 「首脳会談の準備中では」=韓国政府

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部の白泰鉉(ペク・テヒョン)報道官は26日の定例会見で、北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長の動静がここ3週間ほど報じられていないことについて質問を受け、「特に申し上げることはない」としながらも、「首脳会談が予定されているため、北も関連の準備をしているのではないか」と述べた。

 北朝鮮メディアは金氏が今月5日に文在寅(ムン・ジェイン)韓国大統領の特使団と面会したことを6日に報じて以降、金氏の公開活動を伝えていない。

 一方、韓国政府は4月末の南北首脳会談に向け、会場となる予定の軍事境界線がある板門店の韓国側施設「平和の家」の小規模工事を行っているようだ。統一部の当局者は「お客様を迎えるため、平和の家を少し直している」と伝えた。

 平和の家は1989年に完成した3階建ての建物で、記者が記事を送稿するためのインターネット回線がないことなどから、整備の必要性が指摘されていた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース