北朝鮮メディア 要人の訪中に関する報道なし

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の要人が乗ったとみられる列車が26日に中国・北京に到着し、金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が訪中した可能性も取り沙汰されているが、27日午前の時点でこれに関する北朝鮮メディアの特別な報道はない。

 朝鮮中央通信などの北朝鮮メディアは、2013年5月に金正恩氏の特使として当時の崔竜海(チェ・リョンヘ)朝鮮人民軍総政治局長(現・党副委員長)が特別航空便で訪中したときは出発当日にこれを報じた。

 ただ、かつて正恩氏の父親の金正日(キム・ジョンイル)総書記が訪中した際には、中国での日程を終えるころに訪問の事実を報道したケースが多かった。金正日氏は11年5月20日から同26日にかけて非公式に訪中したが、朝鮮中央通信は正日氏が訪問を終えて列車で北朝鮮の領土に戻る前の5月26日午後に長文の記事で訪中の内容を伝えた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース