韓国外相「独島に対する日本の主張は受け入れられない」

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は11日、ソウルで日本の河野太郎外相と会談し、独島に対する日本の主張は受け入れられないと表明した。

 外交部が出した報道資料によると、河野外相は旧日本軍の慰安婦問題を巡る韓日合意と独島に対する日本の立場を明らかにし、康長官は慰安婦問題に関する韓国の立場を説明するとともに、独島に対する日本の主張はいかなるものも受け入れることはできないと明確に伝えたという。

 河野外相は16日に予定されている韓国国会議員の独島訪問計画に反対するとの立場を伝えたことが分かった。

 また両国はこの日の会談で、来月に日本での開催で調整が行われている韓中日首脳会談を成功させるために緊密に協力していくことにした。

 康長官は、最近日本側が南北・米朝首脳会談の開催成功のために肯定的なメッセージを発信している点を評価し、北朝鮮核問題の平和的な解決を推進する過程で日本が今後も建設的な役割を果たすよう要請した。 

 外交部はこの日の会談について「北の核問題や韓日の未来志向の関係発展に向けた両国の意思を再確認する契機になった」と評価した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース