【社説】「核廃棄前に見返りなし」 米国は大原則を実行に移せ

 ポンペオ氏は「北朝鮮に何らかの見返りを提供する前に、非核化に関する永久的かつ不可逆的な結果を先に得なければならない」とも強調し「これまでは制裁をあまりにも早く解除したが、今回はそうならないだろう」と明言した。北朝鮮は過去に核廃棄が確認される前から制裁が解除され、重油などの見返りを手にしてきた。その結果、北朝鮮は合意を破棄したが、国際社会は一度解除した制裁を再び元に戻すのは非常に難しかった。しかし今回は幸いにもそのような手が通用しないとの見方が徐々に形勢されつつある。

 来月の首脳会談を前に、米国と北朝鮮の間で行われている交渉ややりとりは過去に前例のなかったことだ。また今後米朝首脳会談の結果によっては、東北アジアの政治状況は大きく変わってしまうだろう。北朝鮮が本当に核を放棄する考えを持っているのであれば、韓半島(朝鮮半島)には新たな平和の歴史が始まることになる。しかしその反対になれば、これまでとは次元の異なる暗雲が立ちこめることは間違いない。そのため現状としてはいかなる結論も出さず、北朝鮮を核放棄の方向へと導くことに焦点を合わせねばならない。それには韓国政府が米国と同じ核廃棄に向けたロードマップを北朝鮮に提示し、北朝鮮が何をしても逃れられないようにすることが何よりも重要だ。

前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース