「胸触っていい?」「ホテル行こう」セクハラ事務次官を問責しない日本

「胸触っていい?」「ホテル行こう」セクハラ事務次官を問責しない日本

 発行部数44万部という日本三大時事週刊誌の1つ「週刊新潮」が12日、財務省職員のトップが数年間にわたり女性記者に対して常識を超えるセクハラ(性的嫌がらせ)発言を続けていたと報道した。その人物とは財務省の福田淳一事務次官だ。

 福田次官は東京大学法学部を卒業して大蔵省(現:財務省)に入り、主な役職を広く務めてきた入省36年目の官僚だ。財務省は予算・決算の承認、国庫出納、貨幣発行、歳入・歳出、国有財産管理を担う「最強官庁」で、その中でも事務次官は政治的決定以外の実務を総指揮する。記者たちにとっても、財務省で最も重要な取材源だ。

 被害者たちは匿名ではあるが、自分たちがされたことを具体的に証言した。被害者たちによると、福田次官は会食の時も仕事の時も突然、侮辱的な言葉を投げ掛けたという。ある女性記者は「『ホテル行こう』というのは基本」と、別の女性記者は「福田次官に『彼氏はいるの?』『どのくらいセックスしているの?』と聞かれた」と証言した。この女性記者が日本最大の広告代理店・電通の社員と交際していると答えると、福田次官に「それはお前、遊んで捨てられるぞ」とも言われたという。

 福田次官は日中の取材時もセクハラ発言が止まらないとのことだ。ある女性記者が、森友学園問題が拡大しているのは首相夫人の名前が出ているからではないかと質問すると、福田次官は「デリケートな話なんだよ」「おっぱい触っていい?」と答えたという。

 福田次官が別の女性記者に「胸触っていい?」と言ったので、女性記者が「ダメですよ」と答えたところ、「手縛っていい?」と言ったという証言も飛び出した。

東京=金秀恵(キム・スへ)特派員
前のページ 1 | 2 次のページ
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連フォト
1 / 1

left

  • 「胸触っていい?」「ホテル行こう」セクハラ事務次官を問責しない日本

right

関連ニュース