セウォル号事故あす4年 「完全な真実究明」約束=文大統領

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は15日、2014年4月に南西部の珍島沖で起きた旅客船セウォル号沈没事故から丸4年となる16日を翌日に控え、事故の「完全な真実究明」と行方不明者の捜索継続を約束するメッセージをフェイスブックに投稿した。

 文大統領は「全員がわれわれの子どもであり、星になった子どもたちの名前を1人1人呼びたい」と犠牲者を悼んだ。さらに、セウォル号の悲劇以降、韓国が「生命優先の価値」を持つ国に変わったと強調した。

 セウォル号事故では304人が死亡または行方不明となり、修学旅行のため乗船していた檀園高校(安山市)の生徒と教師の犠牲者は計261人を数える。

 16日には政府合同の犠牲者追悼式がソウル郊外の京畿道安山市の公園で開催される。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース