「あんた何様!?」 韓進グループ次女の暴言音声公開

 韓進グループ趙亮鎬(チョ・ヤンホ)会長の次女で、大韓航空広告担当専務の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)氏(34)が広告代理店社員にパワハラ行為をしたとの疑惑が浮上している中、同氏と推定される人物の怒鳴り声や罵声(ばせい)が録音されている音声ファイルが公開された。同氏は、2014年に大韓航空機内でナッツの出し方に腹を立てて客室乗務員に暴行を加えた上、滑走路に向かっていた機体を引き返させたとして物議を醸した趙顕娥(チョ・ヒョナ)氏(現・KALホテルネットワーク社長)の妹だ。

 インターネット・メディア「オーマイニュース」は14日、趙顕ミン氏と推定される女性の声が入った長さ4分22秒の音声ファイルを公開した。この音声ファイルには、女性が誰かに向かって「何なのよ、じゃあ」と怒鳴る声から始まる。

 この女性は相手が答えると、「誰が知らないっていうの、人がいないのを? 私、気が狂いそう」と罵声を浴びせた。女性は終始一貫、ぞんざいな言葉遣いをしている。「だから何っ」「私があんたに聞いているんだよっ」「私に報告しろって言っただろっ」「あんた何様!?」「分かった、もう帰れ」「私になんでこんなことするんだよ! ったく」などと責め立てている。女性の怒声が2-3分間続いている間ずっと、オフィスにはマウスがカチッと鳴る音やせき払いの音が時折聞こえるだけで、静まり返っている。

 音声ファイルの終わり近くになっても女性は怒りが収まらず、「ったくもう」「えいっ」などと息を切らせながらまくし立てている。

 報道によると、この音声ファイルは大韓航空職員が情報提供したものだという。情報提供者は「趙顕ミン専務が自身の過ちを反省しておらず、その態度に怒りを感じたので音声ファイルを公開することにした」と説明したとのことだ。

 大韓航空関係者はこの音声ファイルについて「音声ファイルの声の主が誰なのか、いつ、どのような状況だったのかなどは分からない」と話している。

ハン・ドンヒ記者
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース