パワハラ疑惑・大韓航空専務の捜査開始 出国禁止も要請=韓国警察

【ソウル聯合ニュース】韓国・大韓航空の趙顕ミン(チョ・ヒョンミン)広告担当専務(34)が広告代理店の社員にパワハラ行為をしたとされる問題で、ソウル江西警察署は17日、正式な捜査に踏み切った。趙氏を容疑者として立件し、趙氏の出国禁止を申し立てた。

 広告業界の関係者によると、趙氏は先月16日、大韓航空の広告を担当する代理店社員らとの会議で、質問にうまく答えられなかったという理由で代理店の社員に対し声を張り上げ、顔をめがけて水をかけた後、この社員を追い出した。

 警察は「会議の出席者から聞き取ったところ、趙氏が出席者に向かって飲み物を浴びせたという話が確認された」と説明した。

 大韓航空側は、趙氏が会議出席者の顔に水を浴びせたのではなく、床にコップを投げつけたと主張してきたが、警察で参考人として事情聴取を受けた会議出席者の一部は、趙氏が顔をめがけて水をかけたと話したようだ。顔に向け水を浴びせたことが事実と分かれば、暴行容疑が適用される可能性がある。

 大韓航空は趙氏を専務の業務から外すなど事実上の謹慎を命じている。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース