日本総領事館前への徴用工像設置 市民団体と警察にらみ合い=釜山

【釜山聯合ニュース】メーデー(5月1日)に合わせ韓国南部・釜山の日本総領事館前に、日本による植民地時代に朝鮮半島から強制徴用された労働者を象徴する像を設置すると表明していた韓国の市民団体が、前日夜に設置を強行しようとして警察に阻止された。韓国政府や自治体は総領事館前への像設置に反対している。市民団体と警察は夜通しでにらみ合い、一時もみ合いになる場面もあった。市民団体は1日午前にも再び設置を試みるとされ、警察との衝突が起きる可能性が高い。

 市民団体「積弊(積み重なった弊害)清算・社会大改革釜山運動本部」の強制徴用労働者像建立特別委員会は当初、1日午後1時半にメーデー大会を終えてから、同3時50分ごろ、日本総領事館前にある旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する少女像の隣に労働者像を設置する予定だった。ところが、警察はメーデー大会後の総領事館100メートル以内での行進を認めず、前日から少女像を取り囲み、警備を強化した。

 同委員会はこれに反発。4月30日午後10時半ごろ、フォークリフトを使って像を総領事館前に運び始めたが、総領事館まで100メートル足らずの地点で警察に阻止された。

 同委員会のメンバー約100人と警官隊約500人は5月1日早朝までにらみ合いを続けた。一部ではもみ合いも見られた。午前6時半時点では双方ともに人数が減り、現場はひとまず小康状態となっている。

 同委員会が再び像の設置を強行するならば、警察とのぶつかり合いが起きる恐れがある。  

 一方、日本の主要メディアは現場を夜通しで取材した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース