韓国外交部 日本公使呼び抗議=独島の領有権主張で

【ソウル聯合ニュース】韓国外交部は15日、日本政府が2018年版外交青書で独島について、「竹島は日本固有の領土」と明記したことを受け、「わが固有の領土である独島に対する不当な領有権主張を繰り返したことに強く抗議し、直ちに撤回することを強く求める」とする報道官論評を出した。

 論評は「日本政府は独島に対する不当で根拠のない主張を繰り返すことが未来志向の韓日関係の構築に役立たないことを自覚しなければならない」と主張。「独島に対する日本政府のつまらない主張は、歴史的・地理的・国際法的に明白に韓国固有の領土である独島に対するわれわれの主権にいかなる影響も与えないことを重ねて明確に示し、独島に対する日本側のいかなる挑発にも断固として対応していく」と強調した。

 一方、外交部の金容吉(キム・ヨンギル)東北アジア局長は同日午前、在韓日本大使館の水嶋光一総括公使を呼び、抗議した。

 18年版の外交清書では東海の表記に関し、「『日本海』は国際的に確立した唯一の呼称」との内容が新たに盛り込まれた。対韓関係については、17年版にあった「戦略的利益を共有する最も重要な隣国」との文言が削除された。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース