新韓金融グループの採用不正 検察が捜査に着手=韓国

【ソウル聯合ニュース】韓国の新韓金融グループが同グループ会社の採用過程で役員の子女を優遇したとの疑惑について、ソウル東部地検は15日、捜査に着手したと発表した。

 検察は同グループのうち、新韓銀行と新韓生命に対する捜査を集中的に行う方針だ。

 同疑惑を巡っては、金融監督院が11日、22件の不正が確認されたと発表していた。このうち、役員の子女に関するものは13件で、元経営陣や元政府高官が政治家や金融監督院を通じて、特定の人物の採用を依頼した不正も見つかった。

 検察は近日中に同グループの関係者に出頭を要請し、捜査を行う方針だ。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース