朝米首脳会談 「一方的な核放棄強要なら再考」=北朝鮮外務次官

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官は16日、「われわれを追い詰め、一方的な核放棄だけを強要するなら、そのような対話には興味を持たない」として、「朝米(米朝)首脳会談に応じるかを再考せざるを得ない」と表明する談話を発表した。朝鮮中央通信が伝えた。

 金氏は「トランプ政権が朝米関係改善のための真剣さを持って朝米首脳会談に臨むなら、われわれの相当する呼応を受けるようになる」とし、米政府の方針転換を求めた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース