韓国政府 北朝鮮に通知文発送「一方的延期は遺憾」=会談中止受け

【ソウル聯合ニュース】韓国統一部は16日、北朝鮮が同日に予定されていた南北高官級会談を無期延期すると表明したことについて、韓国側の立場を記した通知文を発送したと明らかにした。

 同部の関係者は「通知文の内容は午前に発表した統一部報道官の説明と同様だ」とし、「会談を一方的に延期したことに対する遺憾の表明と、早期に会談に応じることを求める内容だ」と述べた。

 北朝鮮は同日午前0時半ごろ、閣僚級会談代表団の団長を務める予定だった李善権(リ・ソングォン)祖国平和統一委員会委員長名義で韓国側に通知文を送り、韓米空軍の定例の航空戦闘訓練「マックスサンダー」を理由に会談の無期延期を通告した。

 これに対して統一部は報道官声明を出し、「定例の韓米合同空中訓練を理由に会談を一方的に延期したのは4月27日に両首脳が合意した『板門店宣言』の根本精神や趣旨に合わないもので遺憾」としながら「早期に会談に応じることを求める」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース