北の会談ドタキャンで日本「韓米演習は重要」、北の批判は避ける

 北朝鮮が16日に予定されていた南北閣僚級会談を中止すると突然表明したことに関連し、日本政府は同日、韓米軍事演習が地域の平和と安全にとって重要であると強調しながらも、北朝鮮による突然の南北閣僚級会談キャンセルに対する直接的な批判は避けた。

 この日、菅義偉官房長官に代わって定例記者会見に臨んだ西村康稔官房副長官は、北朝鮮による会談中止宣言に関連し「韓米合同軍事演習は日米の共同演習、韓米日3か国の安全保障に関する防衛協力と共に、重要な抑止力だ」と強調した。

 しかし、西村副長官は、突然一方的に南北閣僚級会談の中止を通知した北朝鮮の意図に関しては「北朝鮮の行動を予断することは控えたい」として即答を避けた。併せて「歴史的な米朝首脳会談が、北朝鮮をめぐるあらゆる案件の包括的な解決のために前進する機会になることを望む」として「日本の考えを米国に伝え、米国と共に(米朝首脳会談を)準備していきたい」と述べた。

チョ・ユンヨン特派員
<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース