南北首脳のホットライン通話「まだ計画ない」=韓国大統領府

【ソウル聯合ニュース】韓国青瓦台(大統領府)の高官は17日、記者団に対し、南北首脳間に設置されたホットライン(直通電話)を使った文在寅(ムン・ジェイン)大統領と北朝鮮の金正恩(キム・ジョンウン)国務委員長(朝鮮労働党委員長)の通話について「まだ計画はない」と明らかにした。

 文正仁(ムン・ジョンイン)大統領統一外交安保特別補佐官は16日の国会での講演で韓米首脳会談前のホットライン通話の必要性を強調し、「南北首脳間の直接通話ができなければ状況が相当難しくなる」と発言した。これに対し、この高官は「特に言及する必要はないと考える」と述べた。

 青瓦台は北朝鮮が16日に南北閣僚級会談の無期延期を一方的に通告し、金桂官(キム・ゲグァン)第1外務次官の談話で米国を強く非難しても、ホットラインでの通話を行わなかった。

 青瓦台周辺ではこれについて、南北首脳が通話することになれば事案の持つ意味が実際のレベルより過大解釈される可能性を懸念したためだとの分析が出ている。

 青瓦台高官は、金外務次官の談話が文大統領の仲裁を求めるという意味ではないかとの一部メディアの解釈について「解釈は解釈」と述べるにとどめた。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース