韓国・タイ外相会談 朝鮮半島情勢など意見交換

【ソウル聯合ニュース】韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官は17日、ソウルの同部庁舎でタイのドーン外相と会談した。

 両外相は、10月に国交樹立60周年を迎える両国の関係発展、朝鮮半島情勢、韓国と東南アジア諸国連合(ASEAN)の協力などについて意見を交換した。

 康氏は、南北首脳会談開催についてタイ政府が声明を通じ歓迎の意を表明したことに対し謝意を示した。朝鮮半島の非核化と平和定着の実現に向け、タイの持続的な支持と協力を要請した。

 ドーン氏は朝鮮半島非核化と平和構築に向けた韓国政府の主導的な努力を高く評価しながら、来年のASEAN議長国として、ASEANレベルでの支援を行っていくとの意向を示した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース