北朝鮮外務次官 「朝米会談の再考」示唆=米副大統領発言を非難

【ソウル聯合ニュース】北朝鮮の崔善姫(チェ・ソンヒ)外務次官は24日、朝鮮中央通信での談話で、「米国がわれわれの善意を冒とくし、不法無道に出れば、朝米(米朝)首脳会談を再考慮する問題を最高指導部に提案する」と述べた。米国が北朝鮮と会談場で対面するか、核の対決上で対面するかは米国の決心次第だとした。

 また、ペンス米副大統領がFOXニュースのインタビューで、北朝鮮が非核化に応じない場合は、「リビアのように終わるだろう」と警告したことを強く非難。「われわれは米国に物乞いのように対話を求めないし、米国がわれわれと対面しないなら、あえて引き止めない」と強調した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース