韓国プロ野球 金泰均が300本塁打達成

【ソウル聯合ニュース】2010年から2年間、千葉ロッテでプレーした韓国プロ野球・ハンファの金泰均(キム・テギュン)内野手(35)が26日に仁川で行われたSK戦で韓日通算300本塁打を達成した。韓国プロ野球史上10人目の大記録。

 金は27日、報道陣に対し、「長い間グラウンドに立ってきたため300本塁打に到達した。特別な記録だとは思っていない。記録を意識してもいなかった」と謙遜した。

 また、「尊敬する先輩で、今も同じチームにいる張鍾勲(チャン・ジョンフン)首席コーチの記録に近づいたのはうれしい」と語った。張氏は韓国プロ野球で初めて300本塁打を達成。通算340本塁打を記録した。

 金は「コーチのように最後まで頑張る選手になりたい」と誓った。

 金は01年にハンファに入団。同年に20本塁打を記録し、03年から昨年まで(10~11年は千葉ロッテ)の13シーズン連続で2桁の本塁打を放った。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース