北の韓米演習中止要求に「防御的な定例演習」=韓国国防部

【ソウル聯合ニュース】韓国国防部の崔賢洙(チェ・ヒョンス)報道官は29日の定例会見で、北朝鮮が韓米両軍による定例の合同指揮所演習「乙支フリーダムガーディアン」(UFG)の中止を求めたことについて、「まだ韓米間で協議が行われていない」として、「防御的な定例演習で、現在としては特別な変更なく(例年通りに)行うと承知している」と述べた。

 演習は毎年8月に実施されている。

 崔報道官は21日の会見でも、演習の規模が縮小される動きがあるとの見方について、「現在のところ、われわれが実施しているレベルをそのまま維持する予定だ」とし、縮小の計画はないことを明らかにした。

 北朝鮮の朝鮮労働党機関紙、労働新聞は29日の論評で、演習について、「米国が南朝鮮(韓国)で毎年繰り広げる演習はわが共和国に対する先制攻撃と全面戦争を想定したもので、朝鮮半島の平和と安定を破壊する根源だ」と非難し、米国が会談を望むなら韓米合同演習を中止すべきだと促した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース