サッカー韓国 ボスニアに1―3で敗れる=W杯前国内最終戦

【全州聯合ニュース】6月14日開幕のサッカー・ワールドカップ(W杯)ロシア大会に出場する韓国代表は1日、南西部の全州ワールドカップ競技場でボスニア・ヘルツェゴビナと国際親善試合を行い、1―3で敗れた。

 韓国は前半30分、MF李在城(イ・ジェソン、全北)が1点を返したものの、ボスニアのエディン・ビシュツァにハットトリックを決められた。

 ソウル市庁前広場ではロシア大会へ国内最後の壮行試合となる同試合の街頭応援が行われ、市民が大型スクリーンで観戦した。

 韓国はオーストリアで8日にボリビア、11日にセネガルと国際親善試合を行う。

 ロシア大会1次リーグでドイツ、スウェーデン、メキシコと同じF組の韓国は18日に1次リーグ初戦のスウェーデン戦に臨む。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース