トランプ氏 朝米会談の日程終え帰国の途に

【シンガポール聯合ニュース】トランプ米大統領は12日午後、史上初の朝米(米朝)首脳会談の日程を終え、帰国の途に就いた。

 AP通信などによると、トランプ氏は予定より約30分早い午後6時半(日本時間7時半)ごろ、専用機で出発した。

 トランプ氏は予定より早く出発する理由について、「北朝鮮とこれ以上できることがない」と説明したという。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース