韓米首脳が電話会談 朝米会談の結果について意見交換

【ソウル聯合ニュース】韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は12日、米国のトランプ大統領と電話会談し、同日行われた朝米(米朝)首脳会談の結果について意見を交わした。青瓦台(大統領府)が発表した。 

 文大統領は午後8時20分ごろトランプ大統領との電話会談を開始したという。AP通信などによると、トランプ大統領は午後6時半(日本時間7時半)ごろ、専用機でシンガポールを出発しており、文大統領との電話会談は機内で行ったものとみられる。

 両首脳は前日にも電話会談を行い、朝米首脳会談を成功させるための方策について約40分にわたり意見交換した。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース