ポンペオ氏・河野氏訪韓へ あす韓米日外相会談=朝米会談受け協議

【ソウル聯合ニュース】史上初の朝米(米朝)首脳会談が終了し、共同声明が発表された中、会談に同席したポンペオ米国務長官が13日から2日間、韓国を訪問する。

 外交部などによると、ポンペオ氏はこの日午後、在韓米軍の烏山空軍基地に到着する予定だ。

 ポンペオ氏は14日午前、韓国の康京和(カン・ギョンファ)外交部長官との会談で朝米首脳会談の結果を説明し、完全な非核化と朝鮮半島の平和定着に向けた韓米協力策を議論する計画だ。

 北朝鮮と米国は共同声明でポンペオ氏と北朝鮮の高官が後続交渉を行うと明らかにしており、首脳会談の後続措置に関する協議に焦点を合わせるとみられる。

 また、韓米外相会談に続いて韓米日外相会談と共同記者会見が行われる。

 ポンペオ氏が韓国を公式訪問するのは4月の就任以降初めてだが、先ごろ朝米首脳会談の準備のため北朝鮮を極秘訪問した際に、韓国を経由したと伝えられた。

 韓国訪問を終えた後、ポンペオ氏は北京に向かい、中国と地域・グローバル問題について議論する予定だ。

 日本の河野太郎外相は13日午後に韓国入りする。

 河野氏は14日午前に行われる韓米日外相会談と共同記者会見に続いて、康氏と昼食会を兼ねた韓日外相会談を行い、朝鮮半島問題や両国関係の発展方向などをはじめとする相互の関心事について意見交換する。

<記事、写真、画像の無断転載を禁じます。 Copyright (c) The Chosun Ilbo & Chosunonline.com>
関連ニュース